スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・リム

パシフィック・リム

2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。日本人研究者のマコ・モリ(菊地凛子)とコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する(映画.com情報より)

人類っていつも何かしら“内輪揉め”ばかり繰り返していますが、イザ“人類以外の敵”が現れたため、一致団結して戦おう!っていう設定です。

人型巨大兵器「イェーガー」にも色々なタイプがあります。日本代表ロボ「コヨーテ・タンゴ」、ロシア代表ロボ「チェルノ・アルファ」、中国代表ロボ「クリムゾン・タイフーン」、オーストラリア代表ロボ「ストライカー・エウレカ」、アメリカ代表「ジプシー・デンジャー」などなどです。なんか、ガンダムの、ザク→グフ→ドム→ゴック→ズゴック→リックドム→ゲルググを彷彿とさせるような、大型モビルスーツのラインナップのような印象も受けます。

菊地凛子が演じる日本人女性マコの幼少期役で、芦田愛菜がハリウッドデビューしました↓
「ええっ!?」ってぐらい、迫力満点に泣きまくりながら逃げ回る演技力には圧倒されます。

子役『芦田愛菜』から→大人『菊池凜子』へ

3D映画は映画館でしか味わえませんので(だって自宅のモニターは2Dなんだも~ん)、さっそくOSシネマズハーバーランドで観てまいりました。ジャパン・カルチャーの代表格ともいえる『スーパーロボット:人型巨大兵器VS『特撮怪獣』の戦いは、これでもか!これでもか!ってぐらい満腹にさせてくれます。人類側の「イェーガー」に色々各国の特徴があるように、「KAIJU」の方もどんどんバージョン・アップしてきて、様々な種類で次々と攻めてきます。

1回と言わず、2回・3回と再度細かいところまで、よぉ~く見直してみたくなる面白い映画です。



スポンサーサイト

生きねば。

『風立ちぬ』オフィシャルサイト風立ちぬ

1920年代、時代は大正から昭和初期にかけて、日本は不景気や貧乏・病気に追い討ちをかけるように関東大震災と、まことに生きるのが辛い時代でした。そんな情勢の中、日本は活路を見い出すべく、ドイツ・イタリアと手を組んで、アメリカ・ソ連・イギリス・フランスの連合軍と戦いました(これを「第二次世界大戦」、中でも日本とアメリカの直接対決を「太平洋戦争」と呼びます)

今の若い人に「日本はほんの68年前までアメリカと戦争していたんだよ」って言うと、「えー!?、うっそ~?」なんて反応も珍しくなくなった今の“平成”の世にあって、宮崎駿監督がなぜ堀越二郎=後に「世界一の戦闘機」と絶賛され恐れられたゼロ戦(零式艦上戦闘機)の基礎を培った実在の人物をあえて題材にしたのか?

『もののけ姫』の初版ポスターでは「生きろ!」
『風立ちぬ』では「生きねば。」

この作品には、“見た目以上の奥深さ”が込められています。私もOSシネマズ・ハーバーランドで観てきました。シネコンであるにも関わらず、客席はほぼ満席。普通の映画ならエンディング・スクロールに入るとポツポツと帰る人も多い現代において、ユーミンの『ひこうき雲』が流れ終わるまで、誰一人として席を立たなかった・・・いや・・・立てなかった、本当に日本人の心に対して“直球ド真ん中”を射止めた、素晴らしい映画でした。『心が震える』とは、まさにこういう作品のことを言うのでしょう。

音楽は松任谷由実が結婚する前の旧姓:荒井由実時代のファースト・アルバム『ひこうき雲』。実はユーミンは若い頃、『シンガー(歌手)』になりたいのではなくて、『ソングライター(作詞・作曲家)』になりたかったのですが、自分が書いた曲を誰に頼んでも歌ってくれない状態が続き、「いっそのこと、君自身が歌っちゃえば?」と言われて歌手デビューしちゃったのです。だからこの『ひこうき雲』のユーミンの声って、どこか自信なさげで音痴でしょう?。それが前人未到の5年代(1970年代~2010年代)連続首位を達成。さらに、ソロアーティスト並びに女性アーティストとして史上初のアルバム総売上3,000万枚を突破し、現在も躍進中なのですから、人間なにが起こるか解らないものです。

空に憧れて 空を駆けてゆく・・
あの子の命は ひこうき雲・・

自分が生まれた時代を、人は自ら選ぶことは出来ませんが、『時代』『時代』を全力で駆け抜けていった人々の中には、きっと「他の人にはわからない」想いがあったんでしょうね・・・

ネット依存

昨日、8月1日夜のNHKニュース9でも取り上げられ、今日8月2日の朝刊各紙の1面のトップ記事でもズラッと取り上げられている問題が、“若者のネット依存”

≫ゲームや電子メールなどに夢中になりすぎてやめられず、インターネットへの依存が強いとみられる中高生は全国に約51万8000人いるという推計数を、厚生労働省研究班(主任研究者=大井田隆日本大教授)が1日、発表した。

中高生だけで50万人以上ということは、小学生や大学生以上の大人も含めると、きっととんでもない数になるのでしょうね。私もふだんはバイクで移動していますが、雨の日や長距離の移動の際には電車を利用しています。その電車の車内の様子が、一昔前とは一変してしまっています。以前なら、新聞を読む人・本を読む人・寝てる人などが大半でしたが、今やみんなスマホをパタパタ叩いており、不気味さすら感じるほどです。私は個人的に、これらの状態を『カマボコ板現象』と呼んでます。だって、みーんな『カマボコ板』みたいなスマホにパタパタシュシュシュシュ没頭しちゃってるんですもの。

スマホに夢中になり過ぎて、駅のホームから転落する人や、進入してきた列車に撥ねられる事故も多発しており、実際にJR明石駅で電車と接触して飛ばされた直後の現場に居合わせたこともあります。もう駅員・警察官・救急隊員で大わらわ。血は飛び散ってるし、靴からカバンから物もあちこちに散乱しちゃってるし、オマケに電車は動かないしで、さっぱりワヤでした。昨今ではどの駅でも「歩きながらの携帯電話・スマートフォンのご使用はお止め下さい」というアナウンスが流れていますが、みーんな知らん顔。まったく聞こえていない様子です。

話を戻して、中高生って、勉強とかもしっかりしておかないと、後で自分の人生まで変わってしまう、とても大切な年代。その“貴重な時間”をネットに取られ過ぎては、本当に大切なものを失ってしまうような気がします。

「友達が何人いる」って、それって“本当の友達”でしょうか?
「つながってないと不安」って、“依存”を通り超えて、もはや“中毒”ではないでしょうか?
「ケータイ無ければ死んじゃう」って、一昔前まで誰も持ってなかったアイテムなんですョ。

私の場合「今日は休み」という日は、携帯を電源から落としてしまってます。
だって、自分の休みの日まで、電話やメールに邪魔されたくないですし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。