スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙へ帰って

@+×△※;$#@・・・尖閣めぐり、鳩山氏がまた物議醸す発言 永田町からも怒りの声!

尖閣諸島をめぐって、鳩山元首相が香港のメディアに語った、「日本が盗んだと思われても仕方がない」といった発言が、物議を醸している。これまでにも、たびたび中国寄りともとれる発言をしてきた鳩山氏に、東京・永田町からも、驚きと怒りの声が上がっている。

26日から中国を訪問する予定の鳩山元首相が、香港のフェニックステレビの取材を受け、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば、盗んだというふうに思われても仕方がない。だから、それは返すべきだと。カイロ宣言の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は、十分に、わたしは中国側から見れば、当然成り立つ話だと」と話した。

カイロ宣言とは、終戦の2年前の1943年に、当時のアメリカ・中国・イギリスの首脳によって出された声明で、「日本が奪った領土を中華民国へ返還する」とした基本方針が出された。
日本政府は、このカイロ宣言について、「日本の領土処理について、最終的な法的効果を持ち得るものではない」としている。しかし、鳩山氏は、中国側が主張するこの宣言に、尖閣諸島が対象に入るとする解釈は、当然成り立つ話だと述べた。

これまでも、中国寄りともとれる発言を繰り返してきた鳩山氏。
2013年1月、中国を訪問した際には、「政府は、領土問題は存在していないというけれども。係争地であるということを、私は、お互いに認めるということが大事ではないかと」と、尖閣諸島を係争地だと認めるべきだと発言し、物議を醸した。

それに続く今回の発言に、菅官房長官は「その発言を聞いて、私は絶句しました。開いた口がふさがらないという言葉がありますけども、まさに、このようなことだろうというふうに思います。断じて許すことはできない。国民の皆さんの思いも、きっとそうだろうと」と述べた。
自民党の石破幹事長は「極めて国益を損なう、元総理とも思えない、軽率なという言葉を使うのも不適切なくらいの発言だと思います。もう、いい加減にしてくださいと」と述べた。

また、鳩山氏がかつて所属していた、民主党の海江田代表は「鳩山さんの発言というのは、わが党との主張とも違います。やっぱり、歴史的に見まして、固有の日本の領土であるということは、私は明白だろうと思っています」と述べた。

尖閣問題をめぐっては、2013年1月、公明党の山口代表が中国を訪問する直前に、香港のフェニックステレビの取材を受け、「将来の知恵に任せるのが1つの賢明な判断だ」と言及した。
また、6月3日には、訪中した野中元官房長官が、故田中角栄元首相から、1972年の日中国交正常化交渉の際、「尖閣諸島をめぐる問題は、棚上げで合意したと聞かされた」と話していた。
鳩山氏は26日から、中国・北京を訪問し、経済フォーラムなどに出席するという。

≫06/25 18:34 FNNニュースより



え~・・・私の個人的な意見・・・

「頼むから! 宇宙人は宇宙へ帰って! 誰かM.I.Bの本部、知りませんか~?」

スポンサーサイト

「ネット選挙」の勘違い

ネットで『投票』は出来ません2013年7月4日公示、同7月21日(ちょうど一ヵ月後)に投票予定の参議院選挙2013。今回の選挙から日本でも初めて『ネット選挙』が解禁となります。

ただ~し!なんか勘違いされている有権者の方も多数おられる様子です。『ネット選挙』とはあくまでも「インターネットを利用した選挙運動」が解禁されるであって、インターネットによる投票はできません。

≫「ネットで投票できるようになるんだよね?」
ネット選挙解禁に「勘違い有権者」多発


だいたい、言い回し不足なんですよね。マスコミも「ネット選挙」じゃなく、きちんと「ネット選挙運動」解禁と呼び名で統一しないから、こんな勘違いも生まれてくるのでしょう。

今回の参議院選挙においてインターネットで出来ることは、以下の通りです↓



こういう時代になってくると、これまでは“古参”の有力議員の方が有利だった選挙運動も、インターネットに長けている“若手”候補者にもチャンスが生まれるわけで、ネットに疎い年代の候補者の方々はIT業者に頼らざるを得なくなってしまうでしょう。


また、くれぐれも気を付けるべきは、『炎上』です。

●群馬県の女性市議が「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」とつぶやき、市や議会に抗議が殺到して、市議を除名された。

●自民党徳島県議が安倍晋三首相の総裁再登板に関し、「今度はいつやめる、何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」とつぶやき、アカウント閉鎖に追い込まれた。

●安倍首相が自らのフェイスブック上で、田中均元外務審議官や民主党の細野豪志幹事長を名指しで糾弾し、賛否両論が巻き起こっている。

●復興庁の水野靖久参事官がtwitter上で「被弾なう」「某大臣の虚言癖に頭クラクラ」「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席(中略)感じるのは相手の知性の欠除に対する哀れみのみ」「今日は懸案が一つ解決。正確に言うと、白黒つけずに曖昧なままにしておくことに関係者が同意しただけなんだけど、こんな解決策もある」などの暴言を繰り返し、処分された。

●岩手県の小泉光男県議は自身が受診した県立病院で名前ではなく番号で呼び出されたことに腹を立て、ブログに「ここは刑務所か!?」と記述。また、「会計をすっぽかして帰った」と記したため、ネット上で「おかしい」などと糾弾された。

などなどです。また、『炎上』とはちょっと異なりますが、日本維新の会の石原慎太郎共同代表が、従軍慰安婦をめぐる一連の発言で、党への逆風を招いた橋下共同代表に対し、「責任者が招いた事態だから仲間に謝るべきだ」とテレビカメラの前での謝罪を求めたところ、橋下氏は「では、代表を辞めれば良いんですか」と反発。「執行役員会やツイッターで説明する」と拒否し、石原共同代表は「終わったね…、この人」と“三行半”を突きつけたそうです。

いや…あのねぇ…「ツイッターで説明する」って橋下さん、ネット・ツールに依存し過ぎですよ。確かにインターネットは“便利な道具”ではありますが、よく切れる包丁ほど怪我をする危険性も増す『両刃の剣』であるということを自覚した上で利用しないと、その代償もより大きくなってしまいます。そこらへん、アナログとデジタルをうまい具合に使い分けて欲しいと感じるんですけどねぇ。。。

ブルーライト

ビジョンPC私はメガネを2つ使い分けています。普通のノーマルメガネとサングラス、どちらもダークナイト・ライズのフレームで、同じ度数に合わせてあります。

日本人ってホント、サングラスをかけない人が多いですね~。目の網膜なんて、皮膚よりも明らかに弱い組織部分ですし、有害な紫外線もバリバリのこの季節。私はなるべくサングラスをかけて、目を守るようにしています。だって、年いってから白内障だの緑内障だの、目の病気にかかりたくないですから。

昨今では新たに『ブルーライト』なるものにも気を付けなければならないそうです。ブルーライトとは、パソコンや液晶テレビ・ゲーム・スマートフォンなどの画面から発散されている、380~500ナノメートルの青色光のことで、目に様々な影響を与えるそうです。

パソコンのモニターも現代は液晶ですが、昔のブラウン管時代の頃はホント目が疲れたものです。今は液晶にこそなれ、「バックライト」だのやはり有害な光線は出ている様子で、長時間モニターを見続けていると、眼球の裏っ側あたりがズキズキしてきます。

そこで、“ブルーライトをカットするPC専用メガネ”として、3つ目のメガネを近所のビジョンメガネで買いました。その名も文字通り『ビジョンPC』。2,980円でブルーライト・カット率38.8%(ライトブラウン)ですから、もし目に何らかの支障が出てお医者さんへ行かなければならなくなるような事態を想定すれば、安い買い物と言えるでしょう。

私の場合、スマホは「アプリ取り込まない・ゲーム一切しない・電話とメールしかしない」ので問題ありませんが、仕事上のパソコンと休みの日の楽しみ「映画・ビデオゲーム」は外せませんので、これから何かと重宝しそうです。

G.I.ジョー バック2リベンジ

斬られるか。撃たれるか。
『G.I.ジョー バック2リベンジ』


観てきました♪ 観てきました♪
それも先行ロードショーで3Dで♪

前作の『G.I.ジョー』も“加速スーツ”など、まるでサイボーグ009の“加速装置”、攻殻機動隊の“光学迷彩”など多種多様なアイテムが登場して面白かったのですが、司令官(デニス・クエイド)がほとんど目立ってなかったのに対し、今回は初代司令官ジョーにブルース・ウィリスを迎え、この映画のために何ヶ月もかけて身体を鍛え上げ直した暗殺者ストームシャドー役のイ・ビョンホンとの直接対決モノに仕上がっています。≫映画.com情報

ネタバレになってしまいますので詳しくは書けませんが、メッチャ面白かったです。ドンパチもの好きにはたまらないほど、お腹満腹になりました。

この映画は2D版と3D版がありますが、どうせ観るならぜひ3D版をお勧めいたします。なぜなら「ただ単に2Dを3Dにしただけ」という作品も多い中にあって、今回の『G.I.ジョーバック2リベンジ』は“3D化を意識した作りこみ”になっているからです。スクリーンの枠を超えて火の粉が舞ったり、観客に向けて銃弾が飛んできたりと、「ドキッ!」とさせられるシーンもありますョ♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。