スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職の備え

2013年1月の転職求人倍率は、1.38倍で3カ月ぶりに前月を下回った。しかし企業が採用活動を控えたためではなく、景気回復の兆しを受けて転職希望者が大幅に増えた影響だ。こんな調査結果を転職サービスのインテリジェンスがまとめたんだそうです。
(2013年2月18日付けの記事より抜粋)



今現在「仕事を探してるけど、なかなかいいのが見付からない」とお悩みの方にとって、少しでもお役に立てればという気持ちで今日は書かせていただきます。少々辛口な部分もあるかもしれませんが、そこはお含みおき下さい。

1)「淡路島にはいい仕事はない」という固定観念を捨てること
まず「いい仕事」って何でしょう?。「お給料が高く」「楽で」「自分に合った仕事」・・・それは贅沢というものです。大卒の新卒者ですら何十社・何百社と受けてもなかなか内定にまでたどり着けないのは=ミス・マッチングが邪魔をしているからです。企業の方に「自分に合わせてくれ」というわけにいかない以上、「自分を変える」しかないのです。前職や経験にこだわるより、まず自分の方から選択肢を柔軟にしていくよう意識を変えていかないと、「なかなかいい仕事がない」スパイラルから抜け出しにくくなるばかりです。

2)新聞を購読しよう
都会と違って淡路島の場合、仕事を探すには洲本のハローワークを訪ねるしか方法がありません。しかし、ハローワークに求人を出すのは企業側にとって「無料だから」という理由が存在するのも事実です。それよりもむしろ、新聞広告や折り込みチラシなどの有料求人広告は「お金を出してでも人が欲しい」という積極感が企業側にもあり、ハローワークの無料求人とは必然的に温度差も異なるからです。都会ではリクルートの『タウンワーク』や『JOBアイデム』など様々な求人誌が駅に並べてあり、リーマンショック以降ペラペラになってしまった厚みも少しずつ厚くなってきていますが、淡路島にはそういうものがありませんので、仕事が決まるまでの間だけでも広告チラシを手に入れる努力をする方が近道です。

3)服装と履歴書と職務経歴書は常に用意しておくこと
神戸でもよく普段着でハローワークを訪れている人々を見かけますが、あれはNGです。もしも仕事を紹介されたとして、先方の企業から「今から面接に来て下さい」と言われたら、どうするのでしょう?。「えぇ仕事あるかなぁ~?」みたいな軽い気持ちで普段着でハローワークを訪ねたって、本人の気持ちがコレでは、「いい仕事」なんて見付かるはずもありません。本気で仕事を探しに行くつもりなら、「今から面接に行く」ぐらいの腹積もりを持ち、服装もキチンとして仕事探しに臨みましょう。それから、日付を入れていない履歴書と職務経歴書もあらかじめ用意しておくのも必然です。面接が決まってから慌てて書くのでは遅すぎるからです。

4)履歴書には写真を貼ってね、頼むから
基本中の基本なのですが、いまだ履歴書に写真を貼っていない人も相変わらずいます。写真を貼ってないなんて絶対NG。背景が映ったものや集合写真の切り抜きもダメ。昔の写真もダメ。インスタント証明写真機で撮ったものもダメ。ちゃ~んと写真屋さんで「履歴書用でお願いします」と頼んで撮ってもらったものを貼りましょう(映画『世界の中心で愛をさけぶ』の中で、写真屋さんの山崎努が撮影した履歴書用写真のように、気合を入れて!撮ってもらいましょう(笑)。なお、男性なら背広にネクタイ、女性も正装が常識(普段着など論外)で、笑顔もNG。マジメな顔できちんと撮ったものを貼らないと、写真だけで=不合格になってしまいますョ。

5)履歴書より大切なのは、職務経歴書
新卒の人はエントリーシートで十分ですが、転職の場合は職務経歴書の方が非常に重要です。人事担当者=面接官は、前職で「いつから」「いつまで」「どういう会社に勤め」「そこで何の仕事を担当し」「どんなスキルを身に着けて」「なぜ辞めたのか?」をまず知りたいからです。逆に言えば、「それが解らないと、話が始まらない」と言っても過言ではありません。履歴書は通りいっぺんのことしか書く欄がなく、面接官が知りたい(判断の基準にしたい)のは、ソコではないからです。例えば面接に行った先の業種は自分に経験がなくても、「経験がないからこそ身に着けたいんです。1から教えて下さい」と職務経歴書に書いておけば、案外「合格!」となったりもするのです。個人的な話ですが、私の場合ほとんどコレで受かってきました(笑)
履歴書と違い、職務経歴書には決まった書式というものがありません。なので突然「書け」と言われても何をどう書いたらいいの?ってなってしまいますので、いいサンプルをご紹介しておきますネ。ワードで作れるひな形(解凍不要)ですので、これを基本に自分用に書き換えていけば、1から作るよりもずっと楽チンです。
          ↓
≫履歴書・職務経歴書の書き方【Word形式を無料ダウンロード】



あくまでご参考までに↓
≫求人“微”増加
≫職務経歴書
≫前職にこだわるべからず

スポンサーサイト

サラリーマン川柳

毎年、第一生命保険が行っているサラリーマン川柳。
今年も第26回を迎え、傑作100川柳の中から10選を選ぶ投票が行われています。

『党名を 覚える前に 投票日』
『政治家も ビールに負けじと 第三に』
『家のこと 嫁のブログを 見てわかり』
『詳しくは ホームページに 入れない』
『電話口 「何様ですか?」と 聞く新人』
『iPS 再生したいな 国・経済』
『辞めてやる! 会社にいいね!と 返される』

どれも思わず「プッ!」と笑いたくなる一句ですね。

投票した人の中から1,500名に賞品のプレゼントもありますョ。ダメ元で投票してみては?(笑)

第一生命保険/サラリーマン川柳ホームページ↓


グリーンジャンボ宝くじ

2013年の『グリーンジャンボ宝くじ』(第636回全国自治宝くじ)が、本日2月14日(木)から一斉に発売されます。

今回の『グリーンジャンボ宝くじ』は、1等賞金が3億5,000万円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞を合わせると、『グリーンジャンボ宝くじ』史上最高額の5億5,000万円!が当たる、超豪華宝くじです。

また当せん本数は、1等3億5,000万円が17本、1等の前後賞1億円が34本で、億万長者が最大51人誕生する予定です。

『グリーンジャンボ宝くじ』1枚の価格は300円で、510億円(17ユニット:1億7,000万枚)が発売される予定とか。発売期間は、2013年2月14日(木)~2013年3月8日(金)までです。

毎回同じコトを言ってますが、宝くじは「買わなければ当たりません」
おりしも今日は発売初日+大安♪ さっそく宝くじ売り場へレッツゴーしてきま~す(^o^)v



重なった判断ミス

2月12日午後3時50分ごろ、兵庫県高砂市荒井町南栄町の山陽電鉄荒井駅近くの踏切で、山陽姫路発阪神梅田行き直通特急(6両、乗客約70人)と自動車運搬用トラックが衝突し、先頭の2両が脱線した。電車はさらに約140メートル進み、先頭車両がホームにぶつかって乗り上げた。乗客ら15人が重軽傷を負った。


ニュースを見て、ショックを受けた方も多かったことでしょう。え~私の自宅の最寄り駅は山陽電鉄:東須磨駅でして、昨日も小雨模様だったため、山陽電車で移動しておりました。

夕方から東二見折り返し運転になってしまったため、駅員に尋ねる乗客もたくさん見ました。私の家から徒歩1分のところには、ちょうど第二神明:須磨出口を降りて、月見山と東須磨の中間に位置する、知る人ぞ知る「開かずの踏み切り」がありまして、前がつかえていても踏み切り内に入ろうとする車の光景をしょっちゅう見ていますが、一歩間違えればこういうことになってしまうのです。

今回の場合、自動車運搬用トラックの運転手は3重の過ちを犯しています。
1)前が詰まっているのに、踏切内に侵入した。
2)電車が近付いているのに、車両搭載アームを下ろした。
3)踏み切りに付いている“非常通報ボタン”を押さなかった。

踏み切り内に閉じ込められた場合は、対向車線にはみ出そうが踏み切り棒をヘシ折ってでも(踏み切り棒は折れる方向に曲がるよう設計されています)そのまま突破すれば、こんな事態にはならずに済んだのです。事故現場の映像を上空から見る限り、対向車線との間にゼブラゾーンがあったのですから、そこへ無理やりでも突っ込めば良かったのに、運転手はきっとパニクッたのでしょう。

このツケは自動車運搬会社に数億単位の賠償がいくでしょうから、もし体力のない会社だったとすれば一巻の終わり。踏み切りはたとえ警報機が鳴っていなくても、“一旦停止”が原則です。私自身も含めて、気をつけましょう。それと、尼崎の福知山線脱線事故しかり、今回の事故しかり、電車の前の方には絶対に乗らないぞ~!

Facebookの危険性

Facebookの危険性(全3ページ)Facebookの危険性について

最近、時々ではありますが、「Facebookでつながりませんか?」というお誘いを、リアルな席で言われることがあります。「あ、私、Facebookはやってませんので」とお断りするのですが、たいてい驚かれたような顔をされます。

「どうしてFacebookやらないんですか?」と聞かれることもありますが、ひと言ではとても説明しきれません。
詳しくは、右の画像をクリックしてみて下さい。本名でやり取りするFacebookが“いかに危険なツール”であるかが、3ページに渡って書かれています。

特にいま日本で問題なのが、以前NHKのクローズアップ現代でも放送されていましたが、就活や婚活にまでFacebookが影響しているという点。

例えば現代は就職難です。1つの雇用口に何十人もが面接に来て当たり前の時代です。面接官=人事担当者は履歴書だけで判断しているわけではなく、まず職務経歴書も含めて検討し、ある程度まで人数を絞り込みます。次に開くのがFacebookです。面接でいくら綺麗ごとを並べてみても、Facebookで検索されたら即普段の“素の自分”を見透かされてしまいます。転職のことでグチッてたり、アホなことを書いていたりしたら、履歴書が返送されてきて一発OUT!

これは婚活にも同じことが言えます。「自分は正しい」と思って発言していることでも、万人が同じ価値観とは限りませんから、「うわ~こんな人やったんや・・・」ってドン引かれたら、そこでオシマイ。

だから私はFacebookはしていません。ちなみにTwitterもmixiもしていません。
だってSNS依存症に陥りたくありませんし、そんな時間もありませんから(笑)

【追記】
≫フェースブックがあなたの人生をぶち壊す(※2010年7月の記事/全2ページ)

満11周年

あわじNETおかげさまを持ちまして、『あわじNET』は満11周年を迎えることが出来ました。これもひとえに皆様のおかげです。とても感謝しております。いつも見に来て頂きまして、本当にありがとうございます。

思えば11年前、2002年2月にサイトをOPENして以来、そりゃ~まぁもぅ色々なことがありましたっけ。あっちこっち壁に突き当たったり、いちいち書き出したらキリがないくらい、いい勉強をさせてもらいました。

『あわじNET』の命は「職業別50音順」です。今年から『Windows 8』のタッチパネルでも操作し易いよう、「職業別50音順」の「あ行」「「か行」・・・のボタンをタイルっぽく変えてみました。それぞれの文字リンクまで全てをタイル化することはページの構成上無理なのですが、せめて「職業別50音順」のページ移動だけでもタッチし易くなったことと思われます。

これまで民主党政権で日本の経済も底が抜けかけてきましたが、今年はなんか景気も上向きになってきそうな予感です。淡路島がより活気付くためにも、これからも色々お手伝いさせて頂けたらと願っております。今後とも『あわじNET』を何卒宜しくお願い申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。