スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風17号接近中

2012年9月28日16時30分発表:大型で非常に強い台風第17号は、28日15時には石垣島の南約110kmにあって、北北東へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。この台風は、29日3時には宮古島付近、29日15時には那覇市の東約40km、30日15時には四国沖に達する見込みです。1日15時には三陸沖に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。



だそうです。今年は本土直撃コースが多いですね。台風のたびに繰り返しになりますが、不要な外出は控え、川や海や田畑を見に行ったり、屋根の修理などは決して行わないで下さい。今回の17号は足が速いですので、黙って通り過ぎるのを待ちましょう。人生でも同じことが言えますが、悪い時にジタバタすると、より事態を悪くするものです。じっと待ちましょう。そういう時も必要なのです。

スポンサーサイト

iPhone5

いよいよiPhone5が発売になりました。

なんか、iPhone5を狙った窃盗事件まで相次いでいるぐらい(困ったものです)大人気のようです。

私の場合、事前に「iPhone4Sにするか、iPhone5を待つか?」であちこち下調べをしていました。iPhone5は「アイコンの列が一行多くなる」という記事を読んでおりましたので、あえて先の「4S」の方を選びました。なぜなら「4S」ですら胸ポケットいっぱいなのに、さらに1cmも長くなるとなると、ポケットに全然納まりきれないからです。

重さも厚さも小さくなったとはいえ、本体を保護するカバーなどを付けてしまえば大差はなくなってしまいますし、サイズ的に適合するオプション品のラインナップも、まだまだ“これから”ですので、必然的に選択の幅も狭まってしまいます。

また『LTE』の恩恵が受けられるのも、人口密集地優先順ですので=地方へ行けば行くほどその役割を果たさないことになってしまいます。

また、私が以前使っていたSoftBank携帯(3G)は、ちょっと山越えなどをするとすぐに電波が切れてしまいました。淡路島の場合、auの前身:セルラーがベースとなっておりますので(アンテナ塔の関係)、SoftBankとauでは、auの方が明らかに繋がりやすいですので、私はauのiPhone4Sに変えました。

料金設定や「テザリング」などの機能比較もあり、あくまで“個人の自由”ではありますが、一度契約すると2年間は解約できません(できるけど余分なお金がかかります)ので、慌てて飛びつかずに慎重に判断し、十分納得してからご契約下さい。

900hPaの台風16号



大型で猛烈な台風第16号
は、14日15時にはフィリピンの東にあって、北へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は900hPa、中心付近の最大風速は55m/sです。この台風は、15日15時には沖縄の南に達する見込みです。16日15時には沖縄本島近海に達するでしょう。17日15時には東シナ海に達する見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、大しけ~猛烈なしけとなるため厳重な警戒が必要です。

せっかくの三連休ですが、決して無理はしないよう、くれぐれもお願いいたします。

バトルシップ

バトルシップ

ユニバーサル映画100周年記念作品『バトルシップ』が、いよいよ本日 9月5日(水)よりDVD&ブルーレイ化されます。見逃した方は、ぜひご覧下さ~い。

「本隊と連絡が取れない」「敵は見えない」「レーダーにも映らない」「こちらから攻撃したら最後、必ず反撃されてしまう」なおかつ「艦長も副艦長もやられてしまっていない」という危機的状況の中から、どうやって形勢を逆転させるのか?

準主役級の浅野忠信の役どころもさることながら、一度引退した戦艦ミズーリ号が甦り、再びその砲口から火を噴くシーンは、まさに鳥肌ゾクゾクものです。

エンディング・スクロールの後にちょっとだけ、お約束のオチもありますので、お見逃しなくぅ~(^o^;



TIME

TIME(原題名:IN TIME)

科学の進化により老化を克服した近未来、そこでは‘時間’が‘通貨’となり世界を支配していた。人間の成長は25歳で止まり、余命(時間)は労働により稼がなければならなかった。そして街は‘タイムゾーン’という境界線により、貧困層が住む〈スラム・ゾーン〉と〈富裕ゾーン〉に明確に分けられ、その行き来は禁止されていた。ある日、ある男から100年の時間をもらったことで殺人容疑をかけられた貧困層の青年ウィルは、スラムゾーンに別れを告げ、富裕ゾーンに逃げ込む・・・う~ん・・・「可もなく不可もなく」ってトコロでしょうか?

『時間モノ』映画というにはふさわしくないし、かといって『アクション系』と呼べるほど特にアクションにこだわっているわけでもなく(むしろ逃げ回ってるコトの方が多い)、『サスペンス』と呼ばれるほどの深い謎解きでもないし、時間=お金(通貨)っていう設定が斬新なぐらいですねぇ。。。

登場人物がみんな25歳という設定なので、実年齢が解らずちょっとゴチャゴチャしてしまいますが、「えー!この人が25歳?。ちょっと苦しいやろ~」とツッコミ所は満載です。大富豪の跳ねっ返り娘:シルビア(アマンダ・セイフライド)は個性的な美人(?)ですので、好き嫌いが分かれるところかもしれません。

それにしても『トータル・リコール(リメイク版)』といい、最近“富裕層”VS“貧困層”という設定が増えてきてますねぇ。まぁ確かに“貧困層”から見た“富裕層”は羨ましい存在ですし、どこの国でも“格差社会”の“格差”がどんどん広がってきてますから、いたしかたないのかも。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。