スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットフリマ

クリックで拡大しますより効率的に部屋を使用するため、大掃除をすることにしました。すべての家具を動かして、全部かんたんマイペットでピカピカに磨きなおして、使っていないものはこの際処分することにしました。

ただ、ヤフオクなど最近のオークション・サイトは、落札しておきながら返事も無しなど、特に新規利用者のマナーが低下してきておりますので、あえて自分のサイト『ネット・フリーマーケット』に出品することにしました。

第1弾は、2.1chスピーカー・セットです。3月28日(日)までで一番高値を付けていただいた方にお譲りします。送料はクロネコヤマトの“着払い”OKの方でお願いします。
スポンサーサイト

1000円ハゲ

以前、私の後頭部に10円ハゲが出来てしまった話をしました。発見当時は10円玉サイズだったのですが、その後治るどころか大きくなっていき、500円玉サイズ→500円玉2枚サイズ=1000円ハゲにどんどん値上がりしてきました。このデフレの時代に、困ったモノです。

≫円形脱毛症 - Wikipedia

かかりつけの心療内科(メンタル・クリニック)で相談してみましたところ、「これは皮膚科へ行かないといけないですね」と言われ、皮膚科へ行ってステロイド系塗り薬を約一ヶ月試してみましたが、あまり効果がなかったため、ハゲ部分に直接ホルモン注射をしてもらって、今は様子見中の状態です。

心療内科でも皮膚科でも同じことを言われました。「ストレス性脱毛症の場合、そのストレスの根本問題を何とかしなければ解決しません。医者に出来る治療はあくまで対処療法ですから」と。確かにここ最近、仕事面でも私生活でも思う通りにいかないことばかり続いているのも原因なのかなぁ・・・

祝女

祝女(シュクジョ)「女心は山の天気」と言われますが、女性がコロコロ言うことを変えたり態度が180度変わったりして、とまどったことのある男性も多いでしょう。女性の頭の中では、その変化は理論的(?)につながっているのですが、その変化の結果だけをいきなり突きつけられた男性側にとっては「なんでそうなるワケ?」と頭の中が「???」状態に陥ってしまいます。

女性には男性とは異なる脳の使い方があるようでして、それをコメディ・タッチで解りやすく表現した番組がコレ『祝女(シュクジョ)』。本放送のシーズン1は3月28日(日)夜11時からですが、その前の3月22日(月)深夜3時からと、3月27日(土)深夜0時50分から再放映も予定されておりますので、男性諸君は録画予約しておくと参考になることでしょう・・・ならないかもしれませんが(笑)

渚にて

1959年『渚にて』2000年『エンド・オブ・ザ・ワールド』『渚にて』と『エンド・オブ・ザ・ワールド』。。。実はどちらの映画もネビル・シュートの小説『渚にて』が原作です。『アルマゲドン』や『2012』のように地球終末モノは数あれど、私が一番好きな終末モノは、『エンド・オブ・ザ・ワールド』です。
≫1957年発刊『渚にて』
≫1959年『渚にて』
≫2000年『エンド・オブ・ザ・ワールド』

原作が1957年と古いため、当時の世界設定としてまだソビエト連邦が存在した頃に、核保有周辺国が核攻撃をしてしまったため、それが引き金となって世界中で4700発以上の核爆弾が飛び交い、北半球は放射能に汚染されて人間も動植物も住めない“死の土地”と化してしまいます(リメイク版『エンド・オブ・ザ・ワールド』の方では台湾への対応をめぐるアメリカと中国が最初に戦争を始めたという設定に変えられています)。

大気循環の関係から生き残った地オーストラリアに、かろうじて生き残ったアメリカ海軍原子力潜水艦「スコーピオン号」が辿り着きました。しかしオーストラリアも決して例外ではなく、核による汚染は徐々に南下してきており、このままでは人類は完全に滅亡してしまいます。

そんな折り、北半球側から意味不明のモールス信号が送られてきます(リメイク版の方では「望みを捨てないで下さい」という文字化けメールという設定に変えられています)。「北半球に人の住める地域がある!」との望みから、一番船足が速く海上に浮上する必要がない原子力潜水艦スコーピオン号に調査命令が下ります。ドワイト・タワーズ艦長以下、政府との通信役にホームズ少佐、汚染拡大の計測と研究のためにオズボーン博士を乗せたスコーピオン号は、放射能渦巻く死の大地:北半球に、信号の発信源を突き止めに出航する。。。というお話です。

この映画は世界終末モノではありますが、ドンパチは一切ありません。むしろ“ヒューマン・ドラマ”という作りに仕上がっています。リメイク版『エンド・オブ・ザ・ワールド』完全版の方は約200分という超大作ですが、“死”を意識させられることで、改めて“生”の大切さを実感させられる、とても素晴らしい作品です。1959年版と2000年版とではラストシーンが異なりますが、個人的には2000年版の方が救われる思いです。

「あなたは自分が死ぬと解っている瞬間、誰と一緒にいたいでしょう?」

ツレがうつになりまして。

ツレがウツになりまして。現代病なのか、最近“うつ”の人が増えてきているそうです。私も過去、落ち込んで起き上がれないような時もありましたが、その後特に治療とかを受けることもなく今はケロッとしておりますので、私の場合は“うつ”ではなかったようです。しかし現実には“うつ”で悩んでいらっしゃる方も多く、日本の“うつ”病患者は100万人を超えてしまっているそうです。

なんか“うつ”と聞くと、いかにも暗く重いイメージで閉じこもりがちな印象を受けてしまいがち。そんな“うつ病”患者の夫を持った実際の妻が書いた本(というか漫画)が、この『ツレがうつになりまして。

もともと知ったきっかけはNHKの金曜ドラマでして、その後、南米じゃない方のアマゾンで買って読んだのですが、これがなかなか“興味深いという意味”で面白い。もし、ご家族や友人の方など、身近に“うつ”で悩んでいらっしゃる人がおられる方に、お勧めの一冊です。難し?い医学書は一般人には解り辛くても、この本ならサクッと読めます。続編『その後のツレがうつになりまして。』や『こんなツレでゴメンナサイ。』などの続編や関連本もあります。これらの中から少しでも何か“ヒント”を見付けて頂ければ幸いです。

今夜(3月4日)夜8時から、NHK総合で再放送を上映します。

洲本市長選挙

あくまでイメージです3月7日(日)は、洲本市長選挙の投票日です。今回は新人5名の争いになります。「どの人に一票を入れたらいいのか解らない」という方もいらっしゃると思いますので、あくまで参考までに洲本市長選各候補者の主張をご覧下さい。

●開票速報は↓
http://www.kobe-np.co.jp/senkyo/chihou/index_s.shtml
に更新をかけながら、お確かめ下さい。

現在のところはまだ『インターネットによる選挙活動』は公職選挙法142条や146条などに抵触するおそれがあるのでダメとなっておりますが、時代遅れもはなはだしいですね。選挙運動や候補者の姿勢・考え方・マニュフェストなど、“市民の生活に直結する重要な情報”ほど、逆に積極的にアピールしてもらいたいものです。選挙期間中のネット活動を解禁する公職選挙法改正案要綱が提出はされているらしいのですが、まだ実現には至っていませんし、それも一部条件付きの内容だそうです。この『情報化社会』の中にあって「何をいまさら」って感じで、対応の遅さにあきれるばかりです。

≫選挙でネットが使えないのは先進国で日本だけ by Yahoo!Japan

長かった あっという間

「踊り続けた4分間は、どんな4分間でしたか?」というインタビュアーの質問に対し、浅田真央ちゃんの「長かった あっという間でした」というのは、本当に本音だったのでしょうね。今日でバンクーバー・オリンピックも閉会しました。本当に「長かった あっという間」でした。

真央ちゃんが“銀”だったことについて「残念」なんて言う人もいるようですが、生まれて初めての世界一の大舞台=オリンピックで、いきなりキム・ヨナが“金”メダル、真央ちゃんは“銀”メダルですョ!。これは本当にすごい記録です。真央ちゃんは、いきなり“女子フィギュアで世界第2位の人”になってしまったのです。尊敬以外の言葉が見付からないぐらい、これは凄いことです。

他にもたくさんの選手に感動を貰いましたが、ここでは書ききれません。ただ一人だけピックアップするとすると、カーリングのチーム青森の目黒選手。結果は残念でしたが、目黒選手を見て「私も、僕も、カーリングしたい!」と影響を受けた人も、きっと多かったことでしょう。

バンクーバー・オリンピックに出場したすべての選手へ・・・素晴らしい感動を本当にありがとう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。