スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月休みのお知らせ

2009年(平成21年)も、あと3日でおしまいですね。

今年も色々ありましたが、お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。

明日12月30日?年明け1月4日までの間は“お正月休み”とさせて頂きますので、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。
みなさまも、よいお年を。。。
スポンサーサイト

アバター:3D

アバター『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督+『エイリアン』のシガニー・ウィバー&ゾーイ・サルダナ主演の最新作『アバター:3D』を観て来ました。
「アバター」とは「自分の分身となるキャラクター」の意味。よくネットの世界でも「自分のアバターを作る」とかありますので、イメージは浮かぶと思います。

この作品は、どうしても3Dで観てみたかったので色々調べてみましたところ、3D設備のある映画館でも作品によっては従来の2D上映であったり、デジタル3Dであったりと色々だそうです。で、ウチの近くの劇場の場合、先日2012を観に行った時に109シネマズHAT神戸で「デジタル3Dシステム“XPAND”でアバターを上映の予定です」と係のお姉さんに確かめておきましたので、大丈夫。念のためインターネットチケット購入システムで、あらかじめ特等席も確保しておきましたので、準備万全です(^-^)v

生まれて初めての“新世代デジタル3D立体映画”体験!。「赤と青のメガネが要らない立体動画って、どんなんやろ?」「3Dで字幕の文字は読めるん?」「大スクリーンの3Dで2時間42分の作品を最後まで疲れずに観られるんやろか?」という不安と期待を抱えながら、行ってまいりました。

ジェームズ・キャメロン監督が『タイタニック』以来10年間、「本物の3Dを作ることだけに専念して作り上げた作品」だけのことはあって、その拘りも半端じゃありませんでした。「2D映画を3Dで」なんて中途半端な作りでなく、「これぞ!真の3Dのために作られた映画!」と絶賛して良いほど、本当に素晴らしい“映像美”の連続です!

特に“木の精霊(空中浮遊するクラゲのようなもの)”が舞うシーンなどは、思わず手を伸ばして掴んでみたくなるほど、すぐ目の前を飛び回ります。でも不思議なことに3D酔いなど全く起こりません。むしろ3Dメガネを外した方が、ピンボケで違和感を感じてしまいます。

字幕の文字も映像の手前に浮いて見えている感じで、はっきりクッキリ読めますので、“字幕スーパー版”でも、全然問題ありませんでした。ストーリーも、本当に「スゴイ!」のひと言につきます。これまで“星間戦争モノ”といえば、たいていエイリアン側が“悪者”、人類側が“いい者”扱いが多かったのが、今回はその逆。気が付けば、異星人「ナヴィ」側に涙してしまっています。特に後半の戦闘シーンは圧巻!。地球人側はメカ中心の“宇宙海兵隊”、迎え撃つナヴィ側は“翼竜”を操って抵抗し、まるで「ヘイロー」バーサス「パンツァードラグーン」対戦の真中に放り込まれてしまったような錯覚に陥るほど、ものすごいド迫力でした。

これは「映画の歴史の大革命」に相当します。“家庭用モニター”では味わえない臨場感を、劇場の大スクリーンでのみ実現できた、最初の大作と言っていいでしょう。お正月には、ぜひ『アバター』をお楽しみ下さい。

シンデレラ・エクスプレス

シンデレラ・エクスプレス一昨日の自分のBlogの記事「X’mas Express」を書いていて、思い出しました。お恥ずかしながら、私も20代の前半の頃、遠距離恋愛をしていました(照)
≫JR東海:シンデレラ・エクスプレス 1987

彼女は高校時代の先輩。自分より一足早く社会人となり、某百貨店に正社員として就職。その後ほどなくして、新宿数寄屋橋店への移動を命じられたのです。

東京と大阪=550kmを隔てた恋愛関係。当時は携帯電話なんてありませんでしたから、月に2回:行きは土曜日の仕事(当時は週休2日制も無かったのです)が終わると、梅田から夜行バスに飛び乗り東京へ。日曜の朝に会い、その日の東京駅14番ホーム:21時発のひかりで大阪へトンボ帰りしなければならないという関係でした。

会えない時間がお互いあまりにも辛過ぎて、半年ほど続いたある日、「こんな無理はもう終りにしましょう」と、東京駅の改札で握手をして別れたのが最後。彼女の後姿は今でも覚えています。その後風の便りに、彼女は結婚したと聞きました。もう20数年前の話です。

そんな当時、深夜のテレビでやっていたのが、『ハート・カクテル』でした。
シンデレラエクスプレス:1
シンデレラエクスプレス:2
シンデレラエクスプレス:3
シンデレラエクスプレス:4
よく夜中に一人で観てましたっけ。懐かしいなぁ?(^。^;

『男』と『女』の付き合いって本当色々あります。時には喧嘩してしまったりすることも、あるでしょう。でも・・・でもね・・・“自分の大事な人のそばに居られる”というだけで、本当は“とても大切な偶然”であり、「同じ時代」に「同じ場所に生まれた」ことに、そして「出会えたこと」に、とても“感謝”です。

松任谷由実『シンデレラ・エクスプレス

X’mas Express

X’mas Express「あなたの好きなクリスマス・ソングは何ですか?」と聞かれると、その答えは「ラスト・クリスマス」とか「恋人がサンタクロース」とか「恋人たちのクリスマス」とか「クリスマスキャロルの頃には」とか人それぞれですが、面白いことにその答えは“その人が青春を感じた頃にはやっていた曲”が多いのだそうです。

かく言う私は、やはり山下達郎の『クリスマス・イブ

私の青春期は四半世紀前=約25年ほど前。日本は高度成長期からバブル期へと向かう真っ只中でした。当時はTVコマーシャルもやたら元気な時代でして、毎年暮れにはJR東海の「X’mas Express」のCMが流れてました。あの頃はまだ“自動改札機”なんて無い時代でしたから、そうそう、改札口には切符を切る駅員さん達がズラッと並んで立ってましたっけ。懐かしい光景です。女性のお化粧も今見れば笑っちゃうほど、「眉毛太っ!」って感じです。

携帯電話が無かった時代は、“待ち合わせ”も“会えるか会えないかの賭け”みたいな感じで、あれはあれで“会えた時の嬉しさもひとしお”でした。便利になるのは“いいこと”なのかもしれませんが、代わりに失ってしまう“良さ”もあるんですね。

おまけ≫JR東海X'mas Express2000 1日限りのコマーシャル・バージョン

課外授業:ようこそ先輩

課外授業:ようこそ先輩子供さんをお持ちの親御さんなら、誰しも「ウチの子はすくすく育って欲しい」と願って当然だと思います。ただ、「じゃあ具体的にどうしてあげたらいいのか解らない」で結局「宿題したの?」とか「勉強しなさい」という言葉しか出てこない・・・なんて方も少なくはないと思います。「テレビばっかり観てないで、勉強しなさい」の前にチョット、“子供には、どういうテレビを観せたらいいか?”ということも見直してみてはいかがでしょう?。子供さんが観る番組を子供さんが観たいものばかり自由に観させるだけでなく、たとえば親の側の方で選び、“こういう番組こそ観せるべき”というテレビを今日は2つご紹介いたします。

1つ目は『課外事業:ようこそ先輩
これは、さまざまなジャンルの第一線で活躍する著名人が、ふるさとの母校を訪ね、後輩たちのためにとっておきの授業を行なうという番組です。

2つ目は『あしたをつかめ:平成若者仕事図鑑
この番組は、社会へ出ることを考え始めた10代?20代の方々に、さまざまなジャンルの職業を紹介し、その特徴や魅力について考えてもらう“仕事ガイダンス番組”です。

今のテレビやDVDレコーダーはボタン1つで番組表を出して、観たい番組を選択するだけで簡単に録画予約できます。『ようこそ先輩』や『あしたをつかめ』などは、小学生・中学生・高校生の子供をお持ちの親御さん、ぜひ録画しておいて家族揃っての夕食の席などで、一緒に観てあげて欲しいと願います。「テレビばっかり観てないで、勉強しなさい」より、「こういうテレビは観て、今のウチから勉強しておきなさい」の方が、ずっと子供さんのためにもなることでしょう。

コンセント・タップ

この不景気の世の中。我が家も決して例外ではなく、毎月月末にはお金の工面でヒーフー言ってます。クルマも持たず、バイクが精一杯の我が家にとって、地道に節電に貢献してくれているのが、『コンセント・タップ』

市販の量販店にズラッと並んでますので、今さらご紹介するまでもありませんが、電化製品って使っていない間も結構電力を消費しています。ワタシにはそれが「許せない」。ウチでは基本的に元電源を切れない「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」などは別として、“切っても支障のない電化製品”はすべてこの『コンセント・タップ』を経由し、外出時は全部電源からブチ・ブチ・ブチッとオールOFFしちゃっています。切り忘れがなかったかどうかも、赤いスイッチ・ランプの点灯・非点灯で確認できますので一目瞭然。必要な時にしかONにしない癖をつけることで自ら節電意識も高められますし、コンセント・タップの中には“サージ・ブレイカー”=落雷時に精密機械にダメージを与える前に過電流をブロックしてくれる機能が付いたものもありますので、パソコンやPCに関連する精密機器の電源から落雷の被害を受けやすい電話線に至るまで、全てこれを間にカマしています。日頃の節約のため、「チリも積もれば山となる」・・・かなぁ~?

それにしてもゴミはたまるのに、お金はたまりませんねぇ・・・
ホント、「たまりませんわ~」トホホ・・・

感染列島

感染列島新型インフルエンザが日本国内で最初に確認されたのは、今年2009年5月16日。その4ヶ月前の2009年1月17日に封切られたのが、この映画『感染列島』です。

主演は「天地人」の妻夫木聡&「金麦の人」の檀れい。まるで今年の新型インフルエンザの登場を予告していたのか?と思えるほど硬派なストーリーです。上映時間は138分ですが、内容はもっと濃く深く感じられた作品でした。

≫予告編はこちら

このたびの新型インフルエンザは季節性インフルエンザよりは強いものの、現在までのところ感染しても治癒する可能性が高いため、この映画のように悲惨なまでの状況には陥っていませんが、人間側がワクチンや治療薬を開発すればするほど、ウイルスも対生を持った型へと変異していきます。
映画のキャッチコピー:「神に裁かれるのは人間か?ウィルスか?」・・・これはある意味“終わりなきいたちごっこ”なのかもしれないですね。

もし今の若い人で、ウイルス系パンデミック映画を観たことがない方は、『復活の日(細菌兵器)』や『アウトブレイク(エボラ出血熱)』などもお勧めいたします。

年末ジャンボ宝くじ

大阪駅前第四ビル特設売り場今年もやってまいりました。『年末ジャンボ宝くじ』のシーズン。ふだん「ロト」とか「ナンバーズ」とかは買わないのですが、年に2回だけの楽しみとして、サマージャンボと年末ジャンボだけは毎回買っています。だって「買わないと当たらない」んですもの。

どうせ買うのなら、“ツイてる売り場”でというコトで、今回も「大阪駅前第四ビル特設売り場」へ行ってきました。ここは人気の売り場でたいてい混雑しているのですが、今年は例年になくスゴイ行列でした。やはり世の中これだけ不景気になると、「イチかバチかの神頼み」に期待する人も増えてきているのでしょう。ちなみに、「宝くじで1等が当たる確率」というのは、一生のうちで「交通事故に遭う確率」よりも低いらしいです。

抽選は大晦日12月31日。これまで当たったこともカスッたことも一度もありませんでしたが、今回もお正月はこたつの上で、1枚・・・また1枚と、悔しい思いを重ねていくことでしょう・・・(えーん;泣)

時間封鎖

時間封鎖<SPIN>昔はアイザック・アシモフロバート・A・ハインラインアーサー・C・クラークフレデリック・ポールなどなど、片っ端からSF小説を読み漁っていた時期もあったのですが、パソコンを始めてからはめっきり読書をする時間も減っていました。

先日ふと無性にSF小説が読みたくなり、どうせ読むなら「ヒューゴ賞」受賞モノの大作にしようと、色々探してみてたどり着いたのが、ロバート・チャールズ・ウィルスン著:『時間封鎖<SPIN>

上・下巻2冊の長編で、「ベストSF:2008」「「SFが読みたい:2009」第一位&「2009星雲賞受賞」作で、ユーザーレビューの評価も非常に高い作品です。

ある日突然、暗黒の膜が地球を覆い、膜の内側(地球上)と外側(外宇宙)の時間の流れに1億倍の速度の差が発生し、時空の狭間で地球がスピンしてしまうという物語です。架空の病気「CVWS」や「AMS」の発生から宗教の違い、物語の主人公となる医者と幼馴染みの双子の兄弟との人間関係、火星に繁殖した人類のDNAを受け継いだ火星人や、空間に突如飛来してくる巨大リングなどなど、読む側をまったく退屈させないストーリーでした。

“スピンの謎”や“新しい世界”の謎は、この2巻では完結しません。この続編は『Axis』そして『Vortex』へと引き継がれ、より壮大なスペースオペラとして展開していくそうです。さっそくAmazonにて『Axis』を注文しちゃいました。今からこの続きが楽しみです♪

時計の一夜干し

クリックで拡大します普通、「洗濯物の一夜干し」は聞きますが、「時計の一夜干し」はあまり聞いたコトがないと思います。我が家では月に一回程度、この「時計の一夜干し」を実行しています。

我が家にある置時計は全部「電波時計」。電波時計のウリは、何と言っても「誤差+?0秒」。ところがどっこい、現実は違うんですね。ウチは鉄筋コンクリートのマンションで、すぐ隣も同じく鉄筋コンクリートのマンションが建っており、いくら都会とはいえ決して“電波状況がいい”とは言えない環境にあります。携帯電話(SoftBank)ですら通話しながら部屋を移動すると、途中で切れてしまうこともあるほどです。

そのような環境の中では、さすがの電波時計も肝心の「電波」を受信することができず、そのまま放置しておけば、どんどん狂っていってしまうことに気付いたからです。ある電波時計を買った時に取扱説明書を見てみますと、「アンテナ・マーク」が点灯しない場所でお使いの場合は自動修正機能が正しく働かない場合があります」と確かに書いてあります。

そこで我が家では月に一回、明日は目覚まし時計の要らない休みの前の日で、お天気予報が雨でない夜に、「時計ちゃん大集合」作戦を実施しています。ベランダのエアコンの室外機の上に、みんな東の方角に向けて並べ「一夜干し」しておくと、翌朝にはバラバラだった秒針が、「ピタッ!」と揃っていて気分爽快です。もしお家の中の電波時計の「アンテナ・マーク」が点灯していない場合は、この方法で解決できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。