スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみに読む物語

きみに読む物語映画のタイトルの付け方って、2通りあります。
原題をそのまま日本語読みしたもの・・・例えば「ターミネーター」とか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のようなものと、日本語にあえて変えたもの・・・例えば原題「Hitch」=「最後の恋のはじめ方」、原題「The Bucket List」=「最高の人生の見つけ方」などなどです。

私は個人的に後者の方が好きです。だってなんかイキな日本語にした方が、興味を引くじゃないですか。英語をまんまカタカナ読みしただけでは、何のことやらピンとこないですものね。サブタイトルの「誰にでも帰りたい夏がある」・・・くぅ?!痛いトコ突いてきますやん!って感じ♪

この映画も、原題は「THE NOTEBOOK」。カタカナ読みすれば「ザ・ノートブック」。これじゃあ味気なさ過ぎ。この日本語版タイトル『きみに読む物語』を考え出した人はエライ!。映画の内容にピッタリ!のネーミングです。

この映画、本当にいい映画です。書きたいことは山ほどあるのですが、ネタバレになってしまいますので、実際にご自分の目でご覧になってみて下さい。最期に「こんな死に方が出来たら人生幸せだろうなぁ?」と、しみじみ感じられる奥深い作品です。

きみがぼくを見つけた日ちなみに、『きみに読む物語』の主人公:レイチェル・マクアダムス主演+『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家による最新作=『きみがぼくを見つけた日』も、本題は「The Timetravelers Wife」=直訳すれば「時間旅行者の妻」ですが、日本向けに『きみがぼくを見つけた日』と訳されています。なかなか粋なタイトルです。10月24日から、ただいま劇場上映中の作品です。「TRAILERS」=「予告編」ですので、ぜひクリックしてみて下さい。きっと心奪われることでしょう。
スポンサーサイト

10円ハゲ

昨日、散髪に行ってきました。私は基本的に“短髪”が好みですので、いつも頭の後ろや横はバリカンで2枚に刈り上げ、上部も髪が立つくらい短く切ってもらっています。昨日もふだんと同じように、刈り上げてもらいました。店員さんが「これぐらいでいいすか?」と見せてくれた後ろを確認するための鏡を見て、ガーーーン!

なんと左後頭部に、しっかり10円ハゲが出来ているじゃないですか!。念のため店員さんにも直接目で確かめてもらいましたところ、「これは10円ハゲですね。500円じゃなくて良かったです」って、ぉぃぉぃ!金額の問題じゃね?って!

ウチの家系は白髪系ではありますが、ハゲ系ではありません。それが48年生きてきて、生まれて初めての10円ハゲ!もうめっちゃショックです。確かにここ最近、ストレスを抱えることが続いてたのは事実なのですが、「まさか・・・自分が?」ともうガックリ状態。こんなのがあるなら、刈り上げになんかするんじゃなかった・・・今後は基本の髪型から変えようかなぁ・・・

阪神なんば線

阪神なんば線神戸方面から大阪難波へ行くには、JRなら大阪駅、私鉄なら梅田へいったん出てから、環状線か地下鉄へ乗り換えなければなりませんでした。しかし今年の3月20日から、阪神電車と近鉄電車がドッキングし、神戸から大阪ミナミまで“乗り換えなし”の一本で行ける『阪神なんば線』が開通しました。

私も先日乗ってきましたが、「コリャ便利だわ?♪」の一言。だって梅田で乗り換える時のあの“人混み”の中をえっちらおっちら移動するのって、ホント疲れますもん。『阪神なんば線』ならいきなりミナミへダイレクトに行けちゃいますので、とっても楽チン。私はまだなんば以東は乗っていないのですが、近鉄電車とも相互乗り入れしてますので、奈良もグッと近くなりました(奈良ってなんか遠いっていうイメージがありましたものねぇ)。阪神電車も昔のモッチャリしたボディーから、シャープなイメージの新型車両へと順次移行していってますので、とても快適です。

島が島でなくなる日

最後の航路『たこフェリー』その昔、高速道路もトラックも無かった時代。“大量の物資を輸送する”のにもっとも適していたのは“船”でした。淡路島は“天下の台所”=“大坂”の前にドッカと居座る“海運の要所”で栄えていました。時代は移り変わり、モータリゼーションの波が高度成長期時代を牽引し、田中角栄の“日本列島改造論”によって現代の道路行政の源が作られ、やがて「採算が取れる・取れない」という本質からも逸脱し、今や民主党政府自らが「高速道路無料化」まで打ち出してきました。

ETC1000円だろうと無料だろうと、瀬戸内海のフェリー会社には大打撃です。民間は常に“採算主義”。ギリギリの線で運賃を決めているのに、政府が“市場原理”をまったく無視した高速道路の通行料金に変えてしまったのですから、民間からすれば採算ベースも何もあったモンじゃない。もうメチャクチャです。このまま放置すれば、淡路島最後の航路も撤退を余儀なくされてしまい、ポートアイランドと同じく橋一本で本土とつながっただけで海に突き出た兵庫県の一部=島であって実質的には島が島ではなくなってしまいます。

ポーアイはまだいい方です。阪神淡路大震災の時、神戸大橋が通行止めになった教訓から、万一橋が通行止めに陥っても孤島化しないよう、ケーソン工法で海底トンネルも平行して通してますから。淡路島は?。もしたこフェリーが廃止になってしまった後、もし明石海峡大橋に何かが発生したとしても、「第2プラン」も「予備プラン」もまったくないのです。「四国から岡山まわりで行けるやん」なんていう楽観的な人もいますが、実際問題として淡路から神戸・大阪へ行くのに岡山まわりで行ったら、半日仕事では済みません。通勤なんて、とてもとても無理。引っ越すしか手がなくなる=より人口流出につながるだけです。

私は「橋が悪い」とは言いません。しかし、淡路島は“島だからこそ”本土から観光に来る人々にとって魅力であるのであって、“いつでも簡単にタダ(高速料金が無料になった場合)でいける場所”では、その魅力はガクンと下がってしまうだけです。昔、ホテルも旅館も民宿も潤っていたのは、淡路島が“船を使わなければ行けない島”だったからこそ。橋を通し料金を下げてしまった現在では、逆に宿泊される旅行客も減り、観光業も斜陽の途にあるのが実状です。この上フェリー航路の廃止まで黙って看過していたのでは、将来「地元の人は今まで何してきてん?」と未来の次世代の人々に言われそうな気がします。

『島が島であるために』最後のフェリー航路は残して欲しい。その声を挙げるのは、同じ兵庫9区でも明石市の人々ではなく、淡路島の人々の選択次第です。「大事なのは選択」とマトリックスの預言者も言っていた通り、失ってから後悔しても、失ったモノはもう二度と戻っては来ません。だからこそ「大事なのは選択」。「人の人生」も「社会の歴史」も同じことです。後戻りができない所まで進んでしまってから悔やんでも、後の祭り。今できることは“今”しかできません。過去は変えられないし、未来もまだ触れません。航路が無くなって本当の意味で影響を受けるのは島外から来る観光客ではなく、実際に日々淡路に暮らしている“島民自身”なのです。

Amazon

Amazon?あれは何年前の出来事だったか忘れましたが、「それ、どこで買ったの?」と聞かれた時に、「あ、アマゾンで買ってん」って答えたら、「えぇっ!?」と真剣に驚かれた経験がありましたっけ。はい、アマゾンで買うには買ったんですが、『南米のアマゾン』で買ったんじゃなくて、ネットの『Amazon』で買ったんですね?。今となっては笑い話ですが、ほんの数年前までこういうコトも実際にあったのですから苦笑です。

昔は関西で大型書店といえば「紀伊国屋書店」か「旭屋書店」でしたが、近年では大型書店もあちこちに次々とOPENしてきています。品揃えがいいのは結構なのですが、いかんせん本が多過ぎて、なかなか目的のものまで到達しにくいのが難。その点、Amazonなら絞込み検索ですぐに目的の本を見付けられますし、マーケット・プレイスでその書籍の中古品も同時に表示してくれますので、特に新品にこだわらなくてもいい場合はよりGOO。「本」以外にも様々な商品も置いてて便利ですし、1,500円以上まとめて買えば送料も無料なので、私の場合はとりあえず欲しい品物をカートに放り込んでおき、後日合計金額が1,500円を超えたら発注ボタンを「プチ」と押すようにしています。配達もメチャ早で、在庫さえあれば一両日中には届きます。あちこちウロウロして無駄な労力や時間を費やすより、ずっと効率的に探せますョ♪

フロアマット

フロアマットあなたのクルマの運転席の下に敷いてある、『フロアマット』、ちゃんとピンで固定していますか?。また「掃除の時に面倒くさいから」とマットの上に別のマットを乗せて『2枚重ね』にしていませんでしょうか?

「運転席のマットぐらい、どーでもエエやん」と思われるかもしれませんが、フロアマットの不備で米トヨタでは380万台がリコールの対象という事態になっています。事故も100件以上発生しています。

「アメ車だから日本車には関係ない話」ではありません。マットが前へずれていかないよう設置されているピンにちゃんと固定されていなかったり、2枚重ねしていたりすると、マットは自然に前へ前へと押されていきます。アクセルペダルの構造にもよりますが、ペダルがリターンする部分にマットが食い込んだら最後、アクセルペダルが戻らなくなってしまう危険性もあります。

記事の下の方、「AP通信によると、トヨタ車で・・・」以降の部分の事故ですが、テレビのニュースで「アクセルが戻らない!助けてくれ!」という携帯電話の音声と、「これ、クルマだったのか?」と疑いたくなるほど大破したレクサスの事故現場の映像を見てゾッとしました。たかがフロアマット、されどフロアマット。今一度、ご自分の運転席のを確かめてみて下さいませ。

前職にこだわるべからず

今日はラスト『就活シリーズ』3日目、Part3です。

雇用情勢が苦しい中、“現在求職中”という方も多いと思われます。そこで“少しでも面接に受かる可能性を上げる”コツの続きを。

「どの会社に面接に行こうか?」と悩んでいる状態の時、ほとんどの人が“自分の前職”を無意識のうちに意識しながら探していると思います。例えば“営業経験のある人”なら「営業職」、“販売経験のある人”なら「販売関係」、工場など“製造現場で働いた経験のある人”なら「製造業」という具合にです。

以前テレビで「派遣切りされた人々の現状」をやっていましたが、「派遣切り」された人のかなりの割合が、いわゆる「製造業」。元自動車工場や元電機関連でした。で、そういう人々がハローワークへ行って相談するのは、やっぱり「自分の過去の経験を活かせる職業」。それが悪いとは決して言いません。それを活かせるなら、むしろ喜ばしいことです。しかし現実は、この探し方で現在の状態では「競争率何十倍です」でアウトなのも仕方がありません。

なぜなら日本企業(特に生産部門)は、ブランドの垣根を越えあらゆる“モノ”の生産拠点を東アジア各国の生産専門の会社へ委託発注する方式へと切り替えていっているのが現状です。だから家電量販店の店先には、見たことも聞いたこともないようなメーカーの製品(中身は昔と違い決して悪くない)が、格安の値段でズラッ?と並んでいるのです。

話が脱線しましたので元に戻しますが、ワタシは“変人”ですので、同じ業種に面接に行った経験がありません。次の仕事を探す時は必ず「今とは畑の違う仕事」を意識して探してきました。だって前の仕事は「もう経験した仕事」なのですから、もういいのです。「まだやったことがない仕事」をやりたいのです。だって、“一生”という時間は限られているのですから、色々経験しておいた方が、人生もより深くなると思うからです。そりゃ、面接の時には毎回言われましたョ。「何ですか?この履歴は?」と。そういう時、“過去の言い訳”をするのではなく、“自分が今これからやりたいこと”=“未来ビジョン”を訴えてきました。「経験はありますか?」と聞かれたら、「いいえ、ありません。だからこそやりたいんです」でいいのです。

前職にこだわって、自らの選択肢の幅を狭めていては、ますます“就職難スパイラル”に陥ってしうだけ。「やったことのない仕事」だからこそ「挑戦してみる」ぐらい発想を転換するだけで、選べる仕事(職種や会社)の幅もグッと広がるはず。人間には、それぞれに“無限の可能性がある”ことだけは忘れないで!就活、頑張って下さい。

職務経歴書

職務経歴書の一例今日は『就活シリーズ』2日目、Part2です。

雇用情勢が苦しい中、“現在求職中”という方も多いと思われます。そこで今日は“少しでも面接に受かる可能性を上げる”コツ。

面接の時、履歴書を持って行くのは当然ですが、この履歴書用紙、ケチッてはいけません。よく無料の求人雑誌などに履歴書の用紙が付いていますが、アレを面接に持って行くのは絶対ダメです。よくよく見ると付属の用紙のどこかに、その雑誌名がプリントされていますので、「規定の用紙でない」ことが丸わかり。これは面接官の心象にとって、決してプラスにはなりません。面倒でも事務用品店で買った正規の履歴書用紙を使いましょう。ちなみに履歴書は、必ず“手書き”が原則。なぜなら面接官は、字の綺麗さ・汚さや、無意識のウチに出てしまう文字の癖=性格もチェックしています。“上手に”とは申しませんが、“ていねいに”書きましょう。

次に写真は必ず貼ること。「そんなん当り前やん」とお思いでしょうが、意外や意外、履歴書に写真を貼ってこない人も結構多いのが現実です。写真を貼っていない=書類選考の段階でアウトになります。必ず履歴書のサイズに合わせた写真を貼って下さい。くれぐれも“集合写真の一部”なんてダメですョ。「そんなヤツおらんやろ?往生しまっせ?」とお思いでしょうが、実際そういう人もタマにいるのです。なるべくなら写真屋さんで「面接用でお願いします」と頼んで撮ってもらうのがベストです(自動撮影機ではいい写真は撮れませんので、あまりお勧めはできません)

最後に最も重要なのが『職務経歴書』。昔はこんなモノ無かったのですが、私の場合パソコンが普及する前から、シャープのワープロ「書院」でオリジナルのものを作って履歴書に添付していました。なんか『職務経歴書』と聞けば「難しそう」とか「面倒」というイメージも伴いがちですが、難しく考える必要なんてありません。要は、もし自分が面接を受ける場合のことを、イメージで想像してみて下さい。まず面接官が履歴書を見ながら「う?ん」と質問を考えます。そして、「ここの会社はどうして辞めたの?」とか「○○の資格を持ってるんだ。で、経験は?」とか色々質問してくるでしょう。限られた面接の時間を有効に使ってもらうために、あらかじめ職務経歴書さえ添付しておけば、そういう無駄な時間や手間が省け、その分(その時間)だけ“本題”を話せる時間が増えるからです。

最近では一般に市販されている履歴書用紙に職務経歴書用紙も付いていますが、面接の毎にいちいち手書きするのは大変。履歴書は“手書き”でないとダメですが、職務経歴書には“決まった書式”はありませんし、ワードでもOK。逆にパソコンで作った方が何度も手間がかからずに済みますし、「お、コイツはワード使えるんだ」とプラスの意味でのアピールにもつながります。今すぐ役に立つ職務経歴書のテンプレートをご紹介しておきますので、どうぞご参考になさって下さい。関西はまだまだですが、関東では面接時に職務経歴書の添付は当り前だそうです。ご参考までに。

求人“微”増加

無料求人誌の一つ今日から3日間は『就活シリーズ』です。きょうはそのPart1。

リーマン・ブラザーズ・ショックから、はや一年が過ぎました。海の向こうの出来事なのに世界中が大打撃を受けるとは、世界各国同士の経済はちょっと“リンクし過ぎ”ですね。もう少しそれぞれの国でオリジナルの金融体制も並列化して持たせておかないと、またいつの日か同じ過ちを繰り返す恐れもあるでしょう。ま、そういう高度なレベルの政策は「ぽっぽっぽ?♪鳩ぽっぽ?♪」さんにお任せしておくとして、まだまだ世の中不景気ではありますが、“景気の底”はどうやら打った様子です。

一年前の今頃は、まだリーマン・ショックが日本まで波及してくる寸前でしたから、街には広告も求人も溢れていました。その後はみなさんもご存知の通り、宣伝も雇用口もどんどん減っていき、現在に至っています。私の家に一番近い東須磨駅にも無料の求人雑誌用のラックがズラッと並んでいたのが、まったくカラッポの状態が続いていました。しかしここ最近になって、一時は配布休止していた求人誌も含めて徐々にではありますが、置かれる数が少しずつ増えてきてます。さすがに各誌の厚さは一年前とは比べものにならないほどペラペラの状態ですが、それでも確かに少しずつではありますが増えてきています。

前回の平成の大不況の時は立ち直るのに時間を要しましたが、今回の世界同時不況に対しては各国政府も民間任せにせず、それぞれ対策を講じている様子ですので、当初危惧された期間よりは早めに立ち直れるかもしれません。確かに都会よりは地方の方が何かにつけ遅れてやってきますので、実際に実感できるのはまだ先かもしれませんが、「出口の見えない真っ暗なトンネルの中」と「トンネルの中ではあるけれど、あっちの方に何か光が・・?」とでは、希望の持ち方がまったく違ってきます。景気はそろそろ“水平飛行”から“徐々に上昇”方向へ移動(?)しつつあります。今苦しくても(私も同じです)頑張って耐えましょう。もう少しの辛抱です。

【事業主さまへお願い】

あわじNETでは無料で求人募集が出せる『求人就職情報掲示板』を設けております。島内で働きたい人のためにも、もし御社に求人募集の枠がございましたら、どうぞお気軽にご利用下さい。依頼方法は簡単。募集フォームにあらかじめ具体的な例を掲載してありますので、必要な部分を書き換え、不要な文言は消して、[送信ボタン]をポチッと押すだけでOK。後は編集部の方で整理してアップさせて頂きます。淡路島の人口定着のためにも、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

Windows Update

Windows Updateいま店頭で販売されているパソコンのOSは、ほとんどが「Windows Vista」です。しかし実際に会社やお店屋さんで使われているのは、ほとんどが「XP」です。「Vista」はまだまだ個人さんメインで、企業は「XP」の方がだんぜん主流のようです。ですので、私のパソコンもそれに合わせて、DELLのダウングレードサービス(OSはXPだけど、後で自分の好きな時にVistaにアップ・グレードできる)をインストゥールしたOS+容量搭載機を購入しています。

昨日、「Windows XP」において、マイクロソフト社から大幅な修正&改正が入りました。XP機をお使いの方で、まだ更新をされていない方は、いったん現在進行中の作業をすべて終了させてから、『Windows Update』を実行して下さい。今回の更新は数も多いですので、時間もそれなりにかかります。

Windows Update』はウィルスソフトと並んで重要な更新作業です。私の場合、パソコンを開けたら一日一回、すべての作業の前にまず実行しています。デスクトップにショートカット・アイコンを置いておくと、より便利でしょう。

※今回のアップデートを実行すると、YouTubeなど一部のフラッシュで「音声が出ない」不具合も発生する(?)ようです。そういう場合は、フラッシュプレイヤー10をダウンロードすると元に戻ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。